離婚したくない

札幌弁護士会 両性の平等に関する委員会 著

離婚したくない

質問
  1. 突然夫から離婚したいと言われました。私としては、子どもが成長するまで離婚したくありません。夫に強く言われたら離婚しなければならないのでしょうか?
  2. 私が離婚を拒否していたら、夫はどのような行動に出るでしょうか?
  3. 夫が離婚訴訟まで起こして来ました。私が拒否しつづけても、離婚が認められることがあるでしょうか?
質問
  1. あくまでも離婚しないと言って、離婚届を書かないことです。もし、あなたが以前離婚届を書いて夫に預けていれば、もよりの市・区役所に、離婚届の「不受理届」を提出しておきましょう。
  2. 夫が家庭裁判所に調停を起こしてくることが考えられます。しかし、あなたが断固として離婚しないと言えば、調停でも離婚にはなりません。
  3. あります。法律の定めた離婚理由(婚姻生活を継続しがたい事情)があると裁判所が判断した場合です。ただし、夫に交際女性がいる場合など、夫に離婚の原因がある場合には、簡単に離婚が認められません。

■離婚の方法
協議離婚と調停離婚の場合、あなたが、離婚に応じなければ、離婚は成立しません。この場合、夫は、離婚訴訟を起こして裁判官に判断してもらうしかありません。

■有責配偶者からの離婚請求
離婚訴訟においても、例えば夫に交際している女性がいる場合など破綻の原因を作った張本人である場合は、夫から離婚訴訟を起こしても、いわゆる「有責配偶者」と判断され、一方的な離婚請求は認められづらいです。

■不貞の立証
もちろん、夫が不貞の事実を否定する可能性もあるでしょうから、以下のような資料を準備の上、弁護士に相談してください。

相談時に持参すると良いもの

~不貞行為を裏付ける資料(コピーも可)

  1. 交際女性の氏名、住所
  2. 夫と出会った経過や交際の内容など、わかる範囲で詳しく文章にまとめたメモ
  3. 夫と交際女性の写真やメール(やり取りの発受信双方のメール)、手紙
  4. 夫と女性が旅行や宿泊した証拠(例、領収証、カード、予約記録など)

その他のページ