会長からのご挨拶


札幌弁護士会にご期待ください

札幌弁護士会  会 長 八木 宏樹
  副会長 清水 智
  副会長 竹間 寛
  副会長 佐々木 将司
  副会長 磯田 健人

 札幌弁護士会のホームページにようこそお越しくださいました。

 私たちは、2018(平成30)年4月1日、札幌弁護士会の役員に就任いたしました。1年間、よろしくお願いいたします。

 さて、憲法改正に向けた動きが盛んになっています。私たち札幌弁護士会は、法律専門家の集団として、日本国憲法の掲げる普遍的な価値、日本国憲法が国民に保障する自由及び権利を保持し続けるため、正しい情報・意見の発信をはじめとする不断の努力を継続していきます。札幌弁護士会が発信する情報にご注目ください。

 札幌弁護士会は、9カ所の常設の法律相談センターで無料の法律相談を実施しているほか、地方自治体による法律相談への相談員の派遣、近隣に法律相談センターや法律事務所がない地域へ出張しての法律相談の実施など、様々な形で法律相談サービスを提供し、ニーズに応える努力をしています。
 その他にも、刑事当番弁護士や、多様な分野の相談事業(高齢者、障がい者、女性、犯罪被害者、子ども、中小企業・個人事業主等の方々に向けた相談事業)の実施、裁判外の話し合いで紛争を解決する「紛争解決センター」の運営など、その活動は広い範囲にわたっています。

 また、札幌弁護士会が活動する地域の中には、いわゆる過疎地域が多く存在しています。しかし、人口が少ないからといって、人権・権利保障の機会・内容が、都市部の半分で良い、4分の1で良い、などということはあり得ません。司法は市民の人権を護る担い手として、全国津々浦々において公平にその機能を発揮しなければなりません。そのために、札幌弁護士会は自らの努力を継続するとともに、国や地方自治体に対しても、適切な施策の実現を求め続けています。

 札幌弁護士会は、市民の権利擁護の担い手、そして地域の「知恵袋」として、広く、深く地域に関わって、活動を展開していきます。
 札幌弁護士会の活動に、どうぞご期待ください。

平成30年(2018年)4月1日

その他のページ