札幌弁護士会におけるセクハラ相談窓口

札幌弁護士会におけるセクハラ相談窓口は、弁護士若しくは弁護士会職員によるセクハラ・性差別に対する相談窓口です。
札幌弁護士会の弁護士若しくは弁護士会職員によるセクシュアル・ハラスメントや性別による差別的取扱いがあった場合は、一人で悩まないで苦情相談窓口をご利用ください。

苦情相談窓口を利用できる対象者は下記の範囲に限定されています
*一般のセクハラ・性差別の相談は、札幌弁護士会法律相談センターの法律相談をご利用ください。

  1. 札幌弁護士会会員である弁護士
  2. 札幌弁護士会の職員(法律相談センターの職員も含む)
  3. 札幌弁護士会で修習したり,札幌に就職活動に来たりしている司法修習生
  4. 札幌弁護士会刑事弁護センター作成の名簿に載っている通訳人
  5. 札幌弁護士会の会員の事務所で研修しているロースクール生
  6. 札幌弁護士会会員の法律事務所職員
  7. 1~6について、これらの者になろうとする者,これらの者であった者
  8. 札幌弁護士会会員の事件依頼者
  9. 札幌弁護士会会員に法律相談した者
  10. 1~9の被害を受けているのを見て不快に感じた者

セクハラ相談とは?
性別による差別的取扱いとは?
相談の流れは?
次のPDF資料をご覧ください。