会長からのご挨拶

ご挨拶

札幌弁護士会  会 長 坂口 唯彦
  副会長 市毛 智子
  副会長 中島 正博
  副会長 三春 裕嗣
  副会長 伊藤 良

 札幌弁護士会のホームページにようこそお越しくださいました。
 私たちは、2021年(令和3年)4月1日、札幌弁護士会会長・副会長に就任いたしました。

 札幌弁護士会は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする弁護士の団体として、弁護士、弁護士会が国民から信頼され期待される存在であり続けるべく、社会における様々な法的課題を検討し、解決することに力を尽くしてまいりました。会内には、50を超える専門委員会、対策本部を設け、様々な分野における各種人権擁護活動や、法的課題への取り組みを進めています。

 地域住民の方々からの法律相談に関しては、札幌市内2か所、管内7か所に法律相談センター、日高地区4か所にセンターの支所を設置し、無料の各種法律相談を実施しています。さらに、法律相談センターのない地域でも、地方自治体による法律相談への弁護士の派遣や定期的な出張相談を実施しているほか、特定分野別弁護士紹介制度など、各種相談窓口を用意しています。

 昨年来、新型コロナウイルス感染症が社会を席巻しています。弁護士、弁護士会は、そういった危機の中でも、社会全体に生じている困難が弱い立場にある方々にしわ寄せされることがないように、また、人権が不当に侵害されることがないように、様々な困難に直面している人々を支援する体制を整えていかなければならないと考えています。法律相談センターでも、引き続き、換気やソーシャルディスタンス確保のための各種設備・備品の整備等、皆様に安心してご利用いただくための取組みを進めて参ります。

 2021年度も、これまでの活動を継承しつつ、その社会的責務を全うし、日本国憲法の定める「法の支配」を社会の隅々まで行き渡らせ、地域住民の皆様に信頼される札幌弁護士会であるために全力を尽くしてまいります。
 1年間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021(令和3)年4月1日

その他のページ