イベント情報 - 2018年度

次のカテゴリへ

シンポジウム「これからの法曹養成制度を考える-法曹養成の危機にどう向き合うか?」のご案内

司法制度改革の一環として、2004年(平成16年)に法科大学院制度が創設されてはや14年。
この間にたくさんの「法律家の卵」を世に送り出してきましたが、今や、多数の法科大学院が閉校を余儀なくされ、または存亡の危機に瀕しています。
法科大学院を中核とする法曹養成制度は、まさに岐路に立たされている、と言っても過言ではないでしょう。
かかる法曹養成制度の危機にどう向き合うか?
この問題に真摯に向き合ってきた3人のパネリストの方々とご一緒に考えてみましょう。

日時 2018年(平成30年)9月14日(金) 午後6時~8時頃
場所 札幌弁護士会館5階
(札幌市中央区北1条西10丁目 北1条通と石山通の交差点北東角)
イベント概要 第1部 問題提起
高橋 徹 氏(読売新聞調査研究本部主任研究員)

第2部 パネルディスカッション
高橋 徹 氏
久保利 英明 氏(第二東京弁護士会会員、元大宮法科大学院教授)
森山 文昭 氏(愛知県弁護士会会員、愛知大学法科大学院教授)
対象 一般公開
定員 100名程度
参加方法 事前申込は不要です。
入場料・参加費・相談料等の要否 無料
主催 札幌弁護士会
共催 北海道弁護士会連合会
後援 北海道医師会・北海道歯科医師会
問い合わせ先 札幌弁護士会
電話:011-281-2428
次のカテゴリへ