刑事裁判傍聴

内容

弁護士が皆さんを札幌地方裁判所の法廷にご案内して、実際に行われている刑事裁判を一緒に傍聴します。傍聴前と傍聴後に、弁護士が刑事裁判手続などの解説や質疑応答を行います。

学習のねらい

実際の刑事裁判を傍聴することによって、刑事裁判手続の流れや裁判官、検察官、弁護人の役割を学ぶことができるとともに、法廷における独特の緊張感を体感してもらうことができます。また、裁判傍聴の前に、弁護士から刑事裁判の制度や手続の流れについて講義を受けてもらうことによって、スムーズに裁判傍聴に入ることができます。さらに、傍聴後に、弁護士と質疑応答することによって、傍聴した事件の疑問にお答えし、刑事裁判に対する理解をより一層深めることができます。

講座の進め方

  1. 参加者には、まず札幌弁護士会館において弁護士から刑事裁判の制度や手続の流れについて簡単な事前講義を受けてもらいます。
  2. その後、弁護士が引率して札幌地方裁判所に移動して、刑事裁判を傍聴してもらいます。
  3. 傍聴後、札幌弁護士会館に戻り、弁護士が傍聴した事件の解説や質疑応答を行います。

なお、あらかじめ決定した授業当日に刑事裁判法定が開かれるか否か、どのような事件があるかは事前に知ることができないため、当日法廷が開かれない場合や授業に適した事件がない場合などの事情により裁判傍聴ができない場合には、傍聴に替えて、弁護士による裁判に関する講義等を行うことがありますので、予めご了承ください。

対象者、人数

中学生、高校生、大学生
3人以上の申込みであれば対応できます。

所要時間

午前9時~午前12時までの約3時間

実施方法

本講座については、参加者に札幌弁護士会館・札幌地方裁判所に来てもらいます。オンラインで実施・ご参加することはできませんので、ご了承ください。

お申し込み方法

ご希望の方は、①下記の申込用紙をダウンロードし、FAXにてお申込みいただくか、②下記の出前授業・出前講座申込フォームからお申込みください。

申込先 FAX:011-281-4823

授業希望日は、可能な限り申込みから2ヵ月以上先の日にちをご指定ください。申込み内容や時期によっては、ご希望に添えない場合があります。その場合には調整させていただきます。

費用

本講座について、弁護士への講師料・交通費などは一切無料です。

お問い合わせ先

札幌弁護士会
TEL:011-281-2428
FAX:011-281-4823