声明・意見書

札幌弁護士会の政策を会長声明・意見書などの形で政府や関係省庁、関係機関に発表し、その実現に努めています。

会長声明(2020年度)

2021年1月21日

司法試験合格者数をさらに減員することを求める会長声明
札幌弁護士会会長 砂子 章彦

2021年1月14日

少年法適用年齢に関する法制審議会の答申内容に反対する会長声明
札幌弁護士会会長 砂子 章彦

2020年12月7日

「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」に対する会長声明
札幌弁護士会 会長 砂子 章彦

2020年11月20日

「コロナによる差別を許さない」会長声明
札幌弁護士会 会長 砂子 章彦

会長意見書(2020年度)

2021年1月15日

定期購入契約の規制強化を求める意見書
札幌弁護士会会長 砂子 章彦

2020年12月23日

捜査関係事項照会に対する公立図書館等の対応に関する意見
札幌弁護士会 会長 砂子 章彦

要望書(2020年度)

人権救済申立に関する措置(2020年度)

日本弁護士連合会や各地の弁護士会は、基本的人権の擁護と社会正義の実現という使命(弁護士法第一条)を果たす観点から、さまざまな社会事象や国家機関の行為などについて、その都度、会長声明や総会決議などの形で必要な意見表明をし、世論に訴えてきました。札幌弁護士会も、毎年、多くの会長声明等を発表し、マスコミなどを通じて広く国民の理解を求めてきたところです。

その他のページ